瀬田統子 Tohko Seta

プロフィール  profile

 

東京都荒川区生まれ。新体操の選手になってオリンピックに出て欲しいとの両親の希望がきっかけで、10歳より手始めにクラシックバレエを習い始める。 中学生になると、谷桃子バレエ団出身の天野陽子、鈴木稔に師事し、クラシックバレエの魅力にひきこまれる。師が主催する特別夏期講習ではロシアの名教師として知られたN・Mアザーリン氏に直接指導を受ける。またそのころより数々のコンクールにも参加し、バレエをより深く追求し始める。高校に入ると師の指導に加え、橘バレエ学校が主催する「日本ジュニアバレエ」にも入会し毎週末足繁く通う。若手有望バレリーナたちと切磋琢磨しながら、プロ意識というものを学ぶ。一方、大学は星美学園短期大学幼児教育学科に進学。その頃より天野陽子バレエ研究所で助教師を務めはじめる。
その後、コンクールの際に個人的にご指導をいただいた谷桃子のもとで踊りたいと思い、谷桃子バレエ団研究所の門をたたく。大学卒業後は団員(~2016年8月)となり、コールドバレエ(群舞)からソリスト(ソロまたは少人数で踊るパート)、更にバレエ団の主要レパートリーである「白鳥の湖」の黒鳥役、そして全幕バレエ「リゼット」のタイトルロール(主役)まで務めた。 その間には、1999年から2001年に、熊川哲也氏率いる「Kバレエカンパニー」公演にも参加し、ジゼル初演ではパドシス(男女6人の踊り)も踊った。(主演熊川哲也&ヴィヴィアナ・デュランテ。DVDとして商品化されました。)
数々の経験を経て、2009年からは川島春生と後進の指導にあたるべく、生まれ育った荒川区に「K&S Ballet Space」をオープン。2011年には北区赤羽教室オープン、2014年8月には町屋教室を貸しスタジオから専用スタジオへと移転する。
 

☆受賞歴 全日本バレエコンクールセミファイナリスト。
☆趣味 映画鑑賞、ドライブ

ひとこと
「バレエの楽しさ、踊ることの喜びをレッスンを通して感じていただければ幸いです!」

川島春生 ​Haruo Kawashima

長崎県長崎市生まれ。子供の頃より体を動かすことが大好きで小学校ではソフトボール部、サッカー部に、中学、高校ではソフトテニス部に所属する。ソフトテニス部では主力として全国高校選抜大会団体優勝、インターハイ準優勝を経験。
大学は上智大学文学部英文科に進学。 そこでは未体験のジャンルにチャレンジをとの思いで、学内ダンスサークル「ソフィアモダンダンサーズ」に所属し、人生初のダンスを始める。卒業後は、「スズキ・クラシックバレエ・アカデミー」に入所し、現在新国立バレエ研修所講師も務める鈴木和子に師事し、クラシックバレエのレッスンに励む。1996年谷桃子バレエ団に入団(~2016年)。コールドバレエ(群舞)、ソリスト(ソロ、もしくは少人数で踊るパートのダンサー)、キャラクターダンサーとして数多くの舞台を経験する。その間には1997年から8年間,新国立劇場バレエ団にも所属し、オープニングイヤーより数多くの公演に出演。またコンテンポラリーダンサー Jou Odorujouの自主公演参加、企業CM(スタンレー電気)にも出演。数々の経験を経て、2009年からは瀬田統子と共に後進の指導にあたるべく、荒川区に「K&S Ballet Space」をオープン。2011年には北区赤羽教室オープン、また2014年8月には町屋教室を貸しスタジオから専用スタジオへと移転。その間、手術を2度経験するなど、足関節、ひざ、腰の怪我を繰り返してきたことから姿勢を根本から改善することの必要性を感じ、アメリカでの実績40年以上の痛み解消メソッド「エゴスキュー」を学び実行し、慢性的な怪我を解消。2017年 5月には 一般財団法人 「エゴスキュー・ジャパン協会認定 E-サイズトレーナー」の資格を、さらに2018年5月には「Egoscue University 認定/姿勢調整スペシャリスト」の資格を取得し、グループレッスン、個人指導に当たっている。

​読売カルチャー北千住 エゴスキュー体操クラス担当

☆受賞歴 1996年 橘秋子賞奨学金授与。1999年 板橋バレエコンクール奨励賞。
☆趣味     釣り、スポーツ観戦

ひとこと
「モットーは好きなことは積極的に、苦手なことは楽しみながらコツコツと♪」

・ホーム

 

・お問い合わせ

会員専用ページ
 

子供会員規約 
 

大人バレエ&エゴスキュー会員規約
 

個人情報保護方針 

 

​                  Copyright© K&S Ballet Space. All Rights Reserved.

  • facebook-square
  • Instagram
  • Twitter Square